リウマチ科

主な対応疾患

  • ・関節リウマチ
  • ・悪性関節リウマチ
  • ・リウマトイド血管炎
  • ・リウマチ性多発筋痛症
  • ・RS3PE症候群
  • ・変形性手関節症
  • ・全身性エリテマトーデス
  • ・全身性強皮症
  • ・多発性筋炎・皮膚筋炎
  • ・筋無症候性皮膚筋炎
  • ・混合性結合組織病
  • ・シェーグレン症候群
  • ・抗リン脂質抗体症候群
  • ・ベーチェット病
  • ・成人スティル病
  • ・再発性多発軟骨炎
  • ・キャッスルマン病
  • ・TAFRO症候群
  • ・IgG4関連疾患
  • ・血管性浮腫(C1-INH欠損症)
関節リウマチについて

関節リウマチは、体に入ってくる異物(細菌やウイルスなど)を攻撃するしくみ「免疫」に異常をきたし、自分の体を攻撃してしまう「自己免疫疾患」のひとつで、
全身のさまざまな関節が炎症を起こし、腫れや痛み、朝のこわばり等を生じる病気です。
また、全身がだるい、微熱が続くなど関節以外にも炎症の症状があらわれます。
関節リウマチを治療せずに放置すると、軟骨や骨が破壊され、関節が変形するため、日常生活に支障をきたしてくることもあります。
日本では約70万人の関節リウマチ患者さんがいると推定されており、男女比は約1:3~1:4と女性に多い病気です。
一般的に「高齢者のかかる病気」というイメージが強いですが、実際は30~50代の働き盛りに発症することが多く、20代で発症する場合もあります。
関節リウマチは、以前は効果的な治療法がなかったことから、いったん発症すると徐々に進行し、日常生活のさまざまな面で不自由をもたらす難病でした。
しかし現在では、病気の研究や治療薬の開発が進み、発症早期から適切な治療を行うことで病気の進行を抑え、一生にわたり以前と変わらない生活を送ることも可能な時代となっています。
関節リウマチの治療では、薬物療法が中心となりますが、その効果を最大限引き出すためには、患者さん自身が病気について正しく理解し、治療に積極的に取り組むことが重要となります。
治療中は、体の痛みや関節のこわばり、薬の副作用や合併症の不安など、いろいろ心配も多いと思いますが、なにか不安があれば主治医に相談し、前向きに治療を行っていきましょう。

当院はリウマチケア看護師が在籍しています
リウマチケア看護師とは

日本リウマチ財団より、リウマチ性疾患の看護分野において看護技術と知識を用いて看護実践の出来る者として認定された看護師です。

村上診療所

「リウマチ科、内科、糖尿病内科」

058-216-7722

〒 501-6232 岐阜県羽島市竹鼻町狐穴1058番地2

診療時間

日・水・祝 月・火・木・金
休診日 9:30ー12:30 9:00ー12:00
14:30ー19:00 14:00ー18:00